生ビールの話

居酒屋での1杯目
当店でも、多くのお客さんに生ビールをご注文いただき
お客さんは美味しそうにそれを飲みます。
店主としては非常にうらやましい瞬間でもありますが
指をくわえるワケにもいかないので
一生懸命、仕事をしているフリをしてごまかしてます。
この生ビールを美味しく飲んでいただくために
当店の取り組みをお話ししようと思います。

まず、生ビールのサーバーですが
毎日の清掃と定期的な分解清掃は欠かせません。
生ビールは樽からパイプや接続器具の経路を通じて注がれます。
閉店後、この経路にビールを残してしまうと
すぐに汚れとして蓄積しビールの味を劣化させてしまいます。
そのため、閉店後は樽から注ぎ口までの経路に水を通してビールを洗い流します。
そして週に一回程度、パイプにスポンジを通し、入り組んだ部分を分解洗浄し清潔を保ちます。
当店ではサーバーの清掃は必ず実施するようにしています。

また、当店の生ビールサーバーはビールを樽ごと冷却する方式を採用しています。
樽ごと冷却することで、開栓後のビールの劣化を可能な限り少なくしています。
また、樽の入れ替えを早くし新鮮で美味しい生ビールを提供するように7リットル(通常の樽より少ない)の樽を採用しました。

また、ジョッキではなくキリンさん特製の一番容量の大きなタンブラーで提供しています。このタンブラーは飲み口が薄いため口当たりが良く、ビールを美味しく飲むために形も工夫されており、飲みごたえがあるため店主も非常に気に入っています。

最後になりますが、間違いのない生ビールを提供するためには店主の味見が欠かせません。
店主は毎晩閉店後に、美味しさを確認するため味見を実施しています。
しかも毎晩十分すぎる量を味見するため、居酒屋の店主になってつくづくよかったと思う時間でもあります。

このように美味しい生ビールのために、日々奮闘努力をしております。
どうぞ、美味しい生ビールを楽しんでくださいませ。
樽ごと冷却する方式の生ビールサーバーです。
美味しい生ビールをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。